安倍首相の少子化対策は物足りない?今こそ不妊治療の全額負担をやるべき

そういえばだいぶ前のことだが、安倍首相が答弁で保育士の処遇改善について言及したようだが、これは確かに必要なものだと思うので支持する。


ただなぜ保育士の処遇改善が必要なのか?と聞かれれば、おそらく少子化対策だと答えるのだと思う。


ただし真に少子化対策に取り組むなら、こんなことでは足りない。確かに安倍政権は、

・保育士の処遇改善

・待機児童の解消のための資金搬出

などで若い世代の向けの政策を矢継ぎ早に出しているが、少子化対策で一番大切なことは「安心して子供を生める環境」または、

「不妊治療の全額負担」などが大事であると考える。


結婚年齢が高くなっていることを考えれば妊娠に関するリスクも高くなり、子供を授かる確率も低くなる。そのために不妊治療があるのだし、高齢化社会で高齢化向けの政策を充実させてきたのだから、少子化対策として不妊治療の全額負担も考えるべきだと私は考える。



0コメント

  • 1000 / 1000