政府が国防体制の充実に動く しかしそれらは当たり前のこと

ここのところ政府は防衛体制の再整備に余念がない様子が伺える。


陸上型イージスを山口県と秋田県に配備する方向性を定め、さらに離島防衛・奪回のための新型ミサイルを導入する予定があることも明らかになった。


また、米軍の核搭載爆撃機との訓練に自衛隊の戦闘機が参加したことも明らかになった。これは朝日新聞が報じて、後になって防衛省が認めるというなんともおかしな出来事になったのだが、どちらにせよ日本が国防のために何かをしようという意気込みが見られる。


この動きを国民はどう捉えているだろうか。相変わらず関心が無いのなら日本の未来はないだろう。今の日本がどういう状況なのか。戦後、こんなことがなかったから感覚が鈍くなっているのであろう。安保法制反対だとか言っている場合ではないのだ。



0コメント

  • 1000 / 1000