将来の総理を目指す小泉進次郎氏の正論、野党も学ぶべきでは?

小泉進次郎氏が首相の国会出席時間が長すぎると指摘したことは正しいと思う。首相は内政よりも外交や安全保障に注力すべきだし、日本の国家像や未来を描くには、外交関係などを重視し、良好な関係を築くことが大切だ。


小泉氏は将来の首相候補として騒がれている。国民の大多数も「いずれ総理になるのだろうな」と思っているし、小泉氏本人もその自覚を持ち合わせているだろう。


だからこそ、自分が総理になるうえで、今のままでは総理になっても思ったとおりの仕事ができない、自分が目指す国家にするためにこのままではできっこない、と思ったのだろう。


これが野心のある政治家の姿である。国家国民のために自分の意思を貫徹するには様々な障害を乗り越えなければならない。それを堂々と指摘で示した小泉氏には感心する。


安倍首相の所信表明演説も左翼メディアや野党が批判しているが、それほどでもない。むしろ行動に移しているのは安倍首相だし、経済界に子育て支援を要求したのも、安倍首相以外で誰ができただろうか。


野党の面々は何もできない現実が腹立たしいだろうが、その腹立たしさを政策面で対抗すればどうだろうか。



0コメント

  • 1000 / 1000