自衛隊ヘリコプターが墜落か

自衛隊ヘリコプターが墜落か 佐賀 神埼(NHK)


防衛省によりますと、5日夕方、佐賀県神埼市で、「陸上自衛隊のヘリコプターが基地以外の場所に予防的に着陸した」という情報があり、自衛隊が詳しい状況を調べています。機体は戦車などを相手にする攻撃ヘリコプターの「AH64」で、熊本県にある西部方面航空隊に所属しているということです。


墜落場所は


佐賀県の神埼市役所によりますと、ヘリコプターは神埼市千代田町嘉納582-1の付近に墜落し、住宅が燃えているということです。


防衛相「ヘリの着陸炎上を確認」


小野寺防衛大臣は、午後5時半すぎ、防衛省で記者団に対し、「本日2月5日16時43分ごろ、佐賀県の目達原飛行場の南約4キロほど離れた場所にAH64ヘリの着陸炎上が確認された。現在、死者、損害の程度を確認している映像をみた限りでは、住宅等に落着しているようなのでその状況も確認中だ」と述べました。


市役所「幼稚園近くで住宅が燃えている」


佐賀県の神埼市役所によりますと、千代田町の大立寺幼稚園の近くでヘリコプターが墜落し、住宅が燃えているということです。市は職員や消防団を派遣して詳しい状況を調べています。


墜落の瞬間を目撃した人は


墜落の瞬間を目撃したという佐賀県神埼市千代田町にある大立寺幼稚園に勤める女性は「午後4時40分ごろ、バキバキという音がして外を見たら、大きな機体がバランスを崩した感じで斜めに落下してきた。落下した場所は園から200メートルほど南の辺りではないかと思う。ものすごい音がしたあと煙がもくもくと上がってきた。園児にけががなかったのでよかったです」と話していました。


また、近所に住む77歳の女性は「すごい音がしたので外に出て見に行きました。2階建ての住宅がすごい勢いで燃えていて、こわくなって足がすくみました。まだ新しい住宅でしたが、自分の家にまで炎が飛んでくるのではないかと思って、急いで自宅に戻りました」と話していました。


佐賀県神埼市に隣接する佐賀市で、犬の散歩中にヘリコプターが落ちていくのを目撃したという60代の女性は「上空でいつもと違うバリバリという音がしたので、見上げてみると、ヘリコプターが急に機首を下げて地上に突っ込んでいった。そして、しばらくすると黒い煙が上がった。とても怖かった」と話しています。


児童にけがなし


佐賀県神埼市にある千代田中部小学校の教頭によりますと、午後5時の時点で、小学校から北東の方向で、黒煙や火柱が上がっているのが見えるということです。また、午後4時50分ごろに、ドーンという音を聞いたという職員もいるということです。


また、現時点で、児童や職員でけがなどをした人はいないということですが、引き続き状況を調べています。


現場の気象は


気象庁によりますと、佐賀県神埼市の周辺では、午後は晴れで、寒気の影響で時折雪が降っていたと見られます。佐賀市には風雪注意報が出されていますが風は強くなっておらず、最大瞬間風速は午後2時20分すぎに14.5メートルを観測しました。神埼市には強風に関する注意報は出ていません。


過去の自衛隊機の主な事故


自衛隊機が墜落する事故はたびたび起きていて、最近では、去年10月、静岡県浜松市の沖合で航空自衛隊のUH60救難ヘリコプターが、夜間訓練の飛行中に墜落し、隊員3人が死亡しました。


また、去年8月、海上自衛隊のSH60哨戒ヘリコプターが夜間訓練中に青森県沖の日本海に墜落し、隊員2人が死亡したほか、去年5月には、救急患者の搬送に向かっていた陸上自衛隊のLR2連絡偵察機が北海道北斗市の山に墜落し、機長など4人が死亡しました。


このほか、おととし4月には、航空自衛隊のU125飛行点検機が鹿児島県の山中に墜落して6人が死亡しています。平成27年2月には、海上自衛隊のOH6練習ヘリコプターが、宮崎県えびの市の山中に墜落し、3人が死亡しています。


平成24年4月には、青森県の陸奥湾で、海上自衛隊のSH60哨戒ヘリコプターが、低空飛行中、護衛艦に接触して墜落し、1人が死亡しました。平成23年7月には、航空自衛隊のF15戦闘機が訓練中に沖縄県沖の海上に墜落し、パイロット1人が死亡しました。


平成21年12月には、長崎県の沖合で、海上自衛隊のSH60哨戒ヘリコプターが訓練中に不時着し、乗っていた2人が死亡しています。平成19年3月には、救急患者を運ぶため、那覇基地を離陸し、鹿児島県徳之島に向かっていた陸上自衛隊のCH47輸送ヘリコプターが徳之島の山中に墜落し、隊員4人が死亡しました。


また、平成17年4月には、航空自衛隊のMU2救難捜索機が訓練飛行中、新潟と福島の県境にある山の斜面に墜落し、隊員4人が死亡しています。


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180205/k10011315881000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

忙しい若手ビジネスマンのための本格国際政治メディア JAPAN IN THE LIFE

様々な情報が溢れ返る現代社会において、忙しいビジネスマンにとってはニュースの選定が難しい世の中になっています。JAPAN IN THE LIFEは現代人にとって重要なニュースだけを厳選し、今後の日本の将来のために必要な情報を提供していきます。

0コメント

  • 1000 / 1000