中国に操られる韓国の裏切り 危険な合意に日本は関わるな

中韓の間で驚きの合意が交わされたことをご存知だろうか。


中韓両首脳の初会談後、政府間で協議が続けられ、その合意文書の中に、


(1)米国のミサイル防衛システムに加入しない

(2)日米韓の安全保障の協力は3カ国軍事同盟に発展しない

(3)高高度防衛ミサイル(THAAD)の追加配備はしない


この3原則を中国が要求し、韓国が合意したという。これは日米を完全に裏切る行為であり、東アジアの安定に挑戦する中国の肩を持つ韓国のありのままの姿勢という他にない。日本は韓国とまともな関係を築くべきではない。


日米への完全な裏切り


米国もこれには腰を抜かしたはずだ。北朝鮮への対応で日米韓は連携強化しているはずだった。この韓国の行動で、日米は韓国を見切りを付けるべきではないだろうか。そもそも「韓国の裏切り行為」は今に始まったことではなく、慰安婦合意に関しても日本は振り回されていることを考えれば、いよいよ決断のときである。


そんな韓国は危機感も無く、いまだに「北朝鮮への攻撃は韓国の合意なしでは許されない」と言っている。


日米を裏切りながらその発言をすることは現状の危機を理解せず、韓国は国際社会からもはや信頼されていないことに気付いていない証拠である。


Mitsuteru.O


0コメント

  • 1000 / 1000