東京都議選はマスコミが作り上げた出来レース

東京都議選が終わった。都民ファーストの会が圧勝した形になり、新聞メディアは「自民党の歴史的敗北」と早速書き立て、予想していた通り反安倍、反自民の総力戦が成功したことに歓喜している。


この光景は非常に醜い。都民ファーストの会が圧勝したのは少なからず小池都知事の話題性も影響しているが、最大の原因は国政における、森友・加計問題、閣僚の失言が自民党への不満となり票が自民党以外に散らばったことである。


その受け皿となったのが都民ファーストの会である。ここで絶対に指摘しておきたいのは民進党が受け皿にならなかったことである。もはや民進党に存在価値はない。あれだけ政権批判しておきながら選挙で勝てないのだから、国民・都民は民進党を必要としていない証拠である。


もう一つの問題は森友問題から始まる一連の過剰な政権批判報道である。まさしく正真正銘、都議選に合わせたネガティブキャンペーンが自民党を敗北に追い込んだ。そこに政策論議は存在せず、政治本来の機能を停止させたマスコミ報道が今回の都議選の全てなのである。政権批判の先導に立っていた民進党が票を獲得できなかったことがその証明である。日本の行く末が非常に心配である。


Mitsuteru.O


0コメント

  • 1000 / 1000