国会議員が国を提訴!?立憲議員の行動は正しいものなのか

立憲民主党の高井崇志衆議院議員が国に慰謝料を請求したようです。国会議員が国を相手取り慰謝料を請求するニュースは国民の皆さんにどのように伝わったのでしょうか。

「国会召集応じず違憲」=立憲議員、国を提訴-岡山地裁(時事)


昨年6月に野党が求めた臨時国会の早期召集に政府が応じなかったのは憲法違反で、国会議員としての職務を果たせず損害を受けたとして、立憲民主党の高井崇志衆院議員が26日、国に慰謝料110万円を求める訴訟を岡山地裁に起こした。


野党4党は昨年6月22日、森友、加計学園問題の真相究明に向け、憲法53条に基づき臨時国会の召集を要求した。安倍内閣は要求から98日目の同9月28日に召集したが、審議を行わず冒頭で衆院を解散した。


 高井氏側は、質問や討論など国会議員としての権利を侵害され「精神的苦痛を受け、国民からの社会的信頼を失った」などと主張。遅くとも20日以内に召集すべきで、政府の対応は憲法違反と訴えている。https://www.jiji.com/jc/article?k=2018022600114&g=soc


憲法上の規定...。確かに理屈はわかるのですが、個人で慰謝料を請求するのはいかがなものなのでしょうか。個人的にはそのように思います。このような時のために「憲法裁判所」を作るべきなのでは?そっちの議論にはならないようですね。

ちなみに提訴したのはこのお方。高井議員。


提訴した立憲民主党の高井議員「しっかり解決するため、司法判断が必要と考えた」
菅義偉官房長官「昨年の臨時国会の召集と衆院の解散は憲法に基づく適正なものだった」
(毎日)https://mainichi.jp/articles/20180226/dde/041/040/037000c


この憲法53条について、また臨時国会の召集に関して国を相手取る訴訟は初めてのこと。でも、そういうところでしか政府を攻撃できないのでしょうか...。そこも「違憲」だと判断してしまうのか、という気持ち。


弁護団代表の賀川進太郎弁護士「これは岡山県だけの問題ではない。今後、各地で提訴され、司法判断が下されることを期待する」(東京)http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201802/CK2018022602000261.html

現時点では様々な意見が飛び交っていますね。今後どうなっていくのでしょうか。しかし、今の日本は右派、左派、一体どちらに傾いているのかわからなくなってきましたね。


Misuteru.O


マスメディア崩壊タイムズ

日本の低レベルなマスコミの報道に騙されないようにするために問題提起、情報発信しています。真実を報じない日本のマスコミは本当に終わっています。騙されない為の情報収集をお手伝いします。

0コメント

  • 1000 / 1000