シリアが新たな化学兵器使用の動き 米政府が警告

米ホワイトハウスは26日夜に声明を発表し、シリアのアサド政権が化学兵器を使った攻撃の準備を進めている可能性を指摘した。

声明は、化学兵器による攻撃の準備とみられる活動を米国が察知したと主張。実行されれば「罪のない子どもを含む市民の大量殺りく」につながる恐れがあるとしている。
米国は4月初め、アサド政権が北西部イドリブ県の反体制派支配地域で化学兵器を使用したと断定し、直後に報復攻撃を開始。化学攻撃の拠点とみられる政権軍の基地へ巡航ミサイル59発を撃ち込んだ。(CNN)

これが事実ならシリア、アサド政権は本当に学ばない殺戮者であると米国は言いたいのであろう。化学兵器の恐ろしさはすでにシリアで使用されたことを考えれば証明済みである。問題はこの背後にロシア、イランの関与があるかどうか。

当然、米ホワイトハウスはこのことにも言及しており、ロシア、イランの関与が最大の焦点である。しかしながらなんの罪のないシリア市民、子供達のことを考えれば国際政治はなにをやっているのかと批判されてもおかしくない。

Mitsuteru.O


0コメント

  • 1000 / 1000