北朝鮮ミサイル発射 米国による攻撃は秒読み段階か

北朝鮮が日本時間の朝早くに弾道ミサイルを発射した。日本の陸地からわずか250キロのEEZ内に落下したという。


高高度のロフテッド軌道であるとされ、北朝鮮は米国本土へ到達するミサイルを手にしたと発表した。下記に日本も含めた各国の動きをおさらい。


・金正恩朝鮮労働党委員長は「本日、国家核武力完成の歴史的大業、ミサイル強国の偉業が実現した」と宣言。


安倍晋三首相は「暴挙を断じて容認できない」「圧力を最大限に高めていく」と述べる。


北朝鮮は、米国との外交交渉に関心を示さないとの姿勢を改めて表明。この次の目標は、地上での核爆発もしくは大規模な水爆の実験だという。


マティス米国防長官は、「これまでの発射に比べ最も高高度だった」「北朝鮮によるミサイル開発は世界や地域の平和と米国を危険にさらす」と強調。


トランプは北朝鮮攻撃をいつやるのか。焦点はそこに絞られたと言ってもいい。


安倍首相は圧力を掛け続けると言うが、実際のトランプとの約束は違うだろう。


当初から年末の攻撃を予想されていた。そしてこのタイミングで北朝鮮のミサイル発射。想定通りである。


忘れてはならないのは、日本が挑発の標的になっていること。北朝鮮のミサイル開発に日本は利用されたと言っても過言ではない。


日本は幾たびも北朝鮮のミサイル発射の挑発を受けたにもかかわらず、国民の国防意識は盛り上がらず、わずか250キロの海上に落ちたのに、危機感すら漂わない異常事態だということを指摘しておく。


いざ、米国が北朝鮮を攻撃したとき、日本はマスコミを中心にパニックに陥るだろう。そして反安倍派が盛り上がる。もう目に見えているのだ。



0コメント

  • 1000 / 1000