ドゥテルテ大統領来日 対北戦略や円借款合意

安倍晋三首相は30日午後、フィリピンのドゥテルテ大統領と首相官邸で会談した。両首脳は北朝鮮の核・ミサイル開発について「脅威」との認識を共有し、国連安保理決議の厳格な履行など圧力強化へ緊密に連携していくことを確認した。また、戦略的パートナーシップの強化で一致し、マニラのインフラ整備など今後5年間の支援策を盛り込んだ共同声明を発表した。


首相は共同記者発表で「北朝鮮の核・ミサイル問題、拉致問題の早期解決や、自由で開かれたインド太平洋の実現へ協力して対応していくことを確認した」と説明。ドゥテルテ大統領は「両国は協力して地域の安全保障のため対処していきたい」と述べた。(時事)


フィリピンに対する円借款の供与の詳細(外務省)


東京へ出発するに当たり、ドゥテルテ氏は記者団に対し「素晴らしい国である日本への、フィリピンからの温かいあいさつ以外では、口を慎まなくてはならないと思っている」と述べた上で、「天皇陛下が退位される前に面会できることに敬意を表したい」と語った。




0コメント

  • 1000 / 1000