「帝国の慰安婦」著者 逆転有罪

著書「帝国の慰安婦」で元慰安婦の名誉を傷つけたとして在宅起訴された韓国の朴裕河(パクユハ)・世宗大教授に対する控訴審で、ソウル高裁は27日、無罪を言い渡した一審判決を破棄し、罰金1千万ウォン(約100万円)の有罪判決を言い渡した。


判決は朴教授が「日本によって性的虐待を受けた慰安婦に対し、虚偽の事実を示して名誉を毀損(きそん)した」と判断。朴教授が慰安婦問題を従来と異なる視点で研究し、問題解決を図る過程で事実を歪曲したとした。(朝日)



0コメント

  • 1000 / 1000