DeNAベイスターズ、広島を下し日本シリーズへ

プロ野球、セ・リーグのクライマックスシリーズファイナルステージの第5戦が広島市のマツダスタジアムで行われ、リーグ3位のDeNAが広島に9対3で勝って4連勝で対戦成績を4勝2敗とし、19年ぶりの日本シリーズ進出を決めました。


DeNAは2試合続けて1回に先制を許しましたが、直後の2回に宮崎敏郎選手のソロホームランで1点差とし、続く3回には桑原将志選手がツーランホームランを打って序盤で3対2とすぐに逆転しました。さらに5回と7回には、4番の筒香嘉智選手が2打席連続でホームランを打って突き放しました。


DeNAは7人の投手リレーで9対3で広島に勝って4連勝し、リーグ優勝した広島に与えられたアドバンテージを含めた対戦成績を4勝2敗として19年ぶりに日本シリーズに進出しました。セ・リーグでレギュラーシーズン3位のチームが日本シリーズに進出するのは初めてです。(NHK)


奇跡ではなく本物の強さを証明


恐らく野球に詳しいプロ野球ファンならベイスターズの強さを理解していただろう。カープはタイガースよりもベイスターズが相手の方が嫌だったに違いなく、その不安がその通りになったのではないだろうか。


「万年最下位」と言われたベイスターズが2年連続でファイナルステージまで勝ち進み、今年はついに日本シリーズへの切符を勝ち取った。筒香、ロペスの大砲の然り、宮崎、桑原の成長は言うまでもなく、倉本の守備の安定、柴田などの若手の台頭がベイスターズの勢いを付けた。


梶谷もポストシーズンではシーズン中に見られた「ムラ」がなくなり、まるで高校球児のように野球に打ち込んでいた。投手陣は石田・今永・濱口の左3枚柱に、ウィーランド、そして井納が最後に踏ん張った。


まさに勝つべくして勝ったのだ。決して奇跡ではなく、プロ野球を見続けてきた我々からすればベイスターズがタイガース・カープを下したことは何ら不思議ではないということである。


さらにセンターラインの安定と年齢層を考えれば、今後数年に渡りベイスターズに黄金時代が訪れる可能性もある。とにかくホークスとの日本シリーズが楽しみである。



0コメント

  • 1000 / 1000