非常に強い台風21号 各地警戒を

超大型で非常に強い台風21号は、日本の南の海上を北上し、22日夜遅くから23日にかけて西日本と東日本にかなり近づいたあと、23日に上陸するおそれがあります。


特に、近畿、東海、北陸、関東などでは記録的な大雨となるおそれがあり、気象庁は土砂災害や川の氾濫、暴風や高波に厳重に警戒するとともに自治体の出す避難勧告などの情報に従い、状況が悪化する前に早めに避難するよう呼びかけています。


気象庁の発表によりますと、超大型で非常に強い台風21号は、午後3時には日本の南の海上を1時間に35キロの速さで北へ進んでいると見られます。


中心の気圧は930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルで、中心から半径280キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。(NHK)


台風は23日朝から夜には東北・北海道東部を縦断するか、三陸沖を北東へ進み、その後北海道沖で温帯低気圧に変わる見込み。


沖縄・奄美と西・東日本の太平洋側では、22日の衆院選投開票日や週明け23日にかけて局地的に猛烈な雨が予想され、土砂災害や河川の氾濫、低地の浸水が起きる恐れがある。


各地で避難勧告が出ているので、要警戒。ただの雨・風だと思って、甘くみないようにしてほしい。


各地の避難情報は下のリンクからご覧になって下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000