台風接近で総選挙に影響 期日前投票を呼びかけ

22日投開票の衆院選と台風21号の接近が重なる恐れが出ており、県内の各選挙管理委員会などがやきもきしている。県選管は離島など投票が困難な地域を中心に投票の前倒しや延期も含めた検討に入った。避難所となる投票所でも対応を始めた。各陣営は期日前投票を呼び掛けている。(読売)


新しい政治の枠組みを作る衆議院総選挙。その大事な選挙に天候の悪さが水を差す形となっている。ただでさえ投票率の悪い日本の選挙。「台風で選挙に行かない」という理由は国民として通用しないが、各候補者も気になる様子である。


自民党の安倍総裁・首相は奈良県生駒市の近鉄生駒駅前での街頭演説で、

「台風が近づいてくる。今、簡単に期日前投票ができる。投票箱に足を運んでいただきたい」

投票を呼びかけた。


希望の党の小池百合子代表も千葉市内での街頭演説で「今のうちに期日前投票に行くようお願いする」と求めた。


私たちの生活に影響を与える大事な選挙である。「台風を理由に選挙に行かない」などと言わず、選挙に行こう。




0コメント

  • 1000 / 1000