自衛隊救難機の捜索、依然として続く

17日、静岡県浜松市の沖合で飛行中に連絡が取れなくなった航空自衛隊のヘリコプターについて、防衛省は現場付近の海上で乗っていた隊員4人の捜索を続けています。このヘリコプターは、8月に行われた定期点検や飛行直前の点検でも異常は確認されなかったということで、防衛省は詳しい状況を調べています。


17日午後6時ごろ、静岡県浜松市の沖合およそ22キロの海上で4人の隊員が乗った航空自衛隊のUH60救難ヘリコプターが訓練で飛行中にレーダーから機影が消え連絡が取れなくなりました。


付近の海上では17日夜、航空自衛隊と書かれたヘリコプターのドアや搭載されている担架などが浮いているのが見つかったほか、新たに隊員のものと見られるヘルメット3つが発見され、防衛省は墜落したと見ています。(NHK)


救難隊の訓練中に墜落したという悲劇を我々国民はどう受け止めるべきであろうか。普段から国民が災害にあった際に真っ先に駆けつける彼らが犠牲になると考えたら辛い。


我々国民は自衛隊の救難隊のような、国民の命を守る使命を義務付けられた彼らに対してどのような誠意を示すべきか、もう一度考えるべきだろう。


0コメント

  • 1000 / 1000