パナマ文書報道に参加の記者暗殺

世界の富豪や権力者が租税回避地を利用している実態を暴露したパナマ文書報道に参加したジャーナリストが16日、自宅のある地中海のマルタで自動車爆弾により殺害された。


ダフネ・カルアナガリチアさん(53)は同国では調査報道で知られる著名なジャーナリスト。彼女が運営するブログは、政党を問わず政治家の汚職を追及し、高い支持を集めていた。


事件の30分前にもカルアナガリチアさんはブログを更新しており「あちこちに不正を行っている人たちがいる。事態は深刻だ」と書いていた。


地元住民によると、カルアナガリチアさんが自宅を出て、自分の車を運転していたところ、突然車両が爆発した。爆風で車体が道路の外へ吹き飛ばされるほどの威力だった。


同国のムスカット首相は「報道の自由に対する野蛮な攻撃」と事件を非難するとともに、米連邦捜査局(FBI)が捜査協力を申し出たことを明らかにした。(ロイター)


この事件の闇は確実に深い。マルタ政府やマルタ当局がこの事件に関与し、暗殺を実行したのなら、それはあまりにもお粗末すぎるとも言える。


情報機関が関与し暗殺を実行するのなら、このような派手な方法は取らないはずである。


続報を待つしか我々一般の市民には知る由もない事件とも言える。政府権力者からすれば、絶対に表に出てはいけない事件であるのだから。



0コメント

  • 1000 / 1000