this week 蓮舫代表の言動と経済状況の点検

今週の重要日程


17日

・米ロ高官協議再開(ワシントン)


18日

・民進党の蓮舫代表が記者会見


19日

・日銀金融政策決定会合(日銀、20日まで)

・7月の月例経済報告(関係閣僚会議終了後、内閣府)


20日

・17年上半期と6月の貿易統計(財務省)

・弾道ミサイル着弾を想定した国民保護訓練(長崎県雲仙市など)

・欧州中央銀行(ECB)定例理事会(金融政策発表は午後1時45分、記者会見は午後2時半、独フランクフルト)

・米大統領就任から半年


今週は火曜日に民進党の蓮舫代表が記者会見を開き、自身の二重国籍問題についての説明を行う予定。


東京都議選で壊滅的な結果を受けて、民進党は存在価値すら疑問視されているが、蓮舫代表への不信感を払拭するためにこの会見がセットされた印象が強い。


そもそも説明するのであれば、都議選の前に行うべきだったはずであるが、どちらにせよ会見内容には注目である。


週半ばには日銀の決定会合と月例経済報告が予定されている。安倍政権の支持率についてマスコミは熱心に報じているが、日本経済が今どのような状況なのか、しっかり点検してほしい。


国際政治では今日から米露高官による協議が再開され、米露間による次なる駆け引きが注目される。それに合わせてトランプ大統領が大統領就任から半年となることも話題になるだろう。


Mitsuteru.O


0コメント

  • 1000 / 1000