this week 安倍外交とテロ等準備罪施行が今週最大の話題

7月も2週目。先週は九州北部で大雨による大災害が起きた。全国的にも梅雨を抜け出せず、じめじめした気候になりそうである。国会も閉会中で国内政治の大きな動きはないと思われる。


安倍首相は先週G20に出席。米、中、韓などの首脳と会談しており、国際社会の安倍首相への信頼は厚い。今週は北欧とエストニアに訪問する。まずは今週の重要日程から。


7月10日(月)

・弾道ミサイル住民避難訓練(愛媛県西条市)

・日デンマーク首脳会談(コペンハーゲン)

・日フィンランド首脳会談(ヘルシンキ)

・日米印合同海上軍事演習(インド洋ベンガル湾、17日まで)


7月11日(火)

・安倍首相内外記者会見(エストニア・タリン)

・日エストニア首脳会談(タリン)

・改正組織犯罪処罰法施行


7月12日(水)

・ヨルダンのムルキ首相訪日(15日まで)

・TPP首席交渉官会合(神奈川県箱根町、14日まで)


7月14日(木)

・弾道ミサイル住民避難訓練(富山県高岡市)


まず西条市と高岡市で北朝鮮による弾道ミサイル発射を想定しての避難訓練が行われることを特筆しておきたい。平和ボケが進む日本でもこうした”現実的”な動きが出ていることを素直に評価したい。


11日には「共謀罪」の構成要件を改めた「テロ等準備罪」の新設を柱とする改正組織犯罪処罰法が11日、施行される。これに反対する勢力は抗議デモなどで反発することが予想される。都議選の結果や閣僚の失言などで不穏な風が吹いている安倍政権には向かい風になりそうだが、国際社会で何が起こっているか俯瞰して見れば、このテロ等準備罪の必要性は明らかである。世論の動向や、マスコミの操作に騙されないようにしたい。


Mitsuteru.O


0コメント

  • 1000 / 1000